國松眼科

医療機器紹介

当院の医療機器の紹介

スポットビジョンスクリーナー

生後6か月から屈折検査を行うことが可能になり、早期に屈折異常を発見することが可能となりました。

小児の弱視について
スポットビジョンスクリーナー
スポットビジョンスクリーナー
スポットビジョンスクリーナー

VERION イメージガイドシステム

従来の白内障手術では手術や検査で生じる変数が多く、予想外の術後結果を引き起こす可能性がありました。VERION イメージガイドシステムでは、術前に測定したデータに基づき最適な手術計画を練り、その計画に基づいたガイドを術中に術野に表示することができます。
これによりパーソナルデータに基づく精度の高い手術を行うことが可能となりました。

白内障手術について
VERION イメージガイドシステム

光学式眼軸長測定装置
(OA2000/TOMEY)

眼の動きを自動追尾することで検者間の誤差が生じにくく、角膜形状解析も同時に行うことで、不正乱視成分の検出が可能になり、最適な術創の位置を決定することができます。

角膜トポグラフィー表示

角膜トポグラフィー表示

光学式眼軸長測定装置(OA2000/TOMEY)

OCT 光断層干渉計
(シラス HD-OCT/Zeiss 社)

眼底の神経叢を断層や 3Dで観察することができ、緑内障や加齢黄斑変性症など網膜疾患の詳細な解析が可能です。
緑内障の発症前リスクや超初期の段階での診断が可能となりました。

OCT 光断層干渉計(シラス HD-OCT/Zeiss 社)

パターンスキャンレーザー(MC-500Vixi/NIDEK社)

網膜をパターンスキャンし高出力かつ短時間でレーザー照射することで、網膜への侵襲を低減し、従来のレーザー時の苦痛を軽減させることが可能になりました。

パターンスキャンレーザー (MC-500Vixi/NIDEK 社 )
パターンスキャンレーザー (MC-500Vixi/NIDEK 社 )

YAG レーザー
(ビズラス ヤグⅢ/Zeiss)

後発白内障や緑内障の虹彩切開術などで使用します。
高い光透過性、解像度をもった光学系により視認性が高く、安全なレーザー照射が可能です。

YAG レーザー(ビズラス ヤグⅢ/Zeiss)

静的量的視野検査
(HFAⅡ-ⅰ/Zeiss)

自動で中心視野を検査する機器で、国内の静的視野計の中でも最も信頼されている機器と言えます。緑内障など視野異常を来す疾患の精密検査、経過観察に用います。

静的量的視野検査(HFAⅡ-ⅰ/Zeiss)

ゴールドマン視野計

指標(光る点)が動くことで、視野範囲を測定する視野計で、中心視野のみでなく周辺視野まで検査することが可能です。
進行した緑内障や網膜疾患、視神経疾患などの診断に用います。

ゴールドマン視野計

網膜電図(ERG)

網膜電図は、心電図のように電位変化を記録して、その波形から網膜の働きが正常かどうかを調べる機器です。網膜剥離や網膜色素変性症、黄斑変性症など網膜の異常を発見するために使用します。

網膜電図(ERG)
0475-47-3800

〒297-0012
千葉県茂原市六ツ野2596-2

診療カレンダー
診療時間
 
9:00 - 12:00
15:00 - 17:00 ×

■ 火曜午前 : 手術  
★ 火曜午後、木曜 : 予約診療

【休診日】第1木曜・第3土曜・日曜・祝日