茂原市六ツ野の眼科「國松眼科」|白内障 緑内障

top

飛蚊症

飛蚊症(ひぶんしょう)について

視界にゴミや虫のようなものが飛んでいるように見える症状を、飛蚊症(ひぶんしょう)と呼びます。
見え方は様々で、蚊が飛んでいるように見えたり、水玉状や糸くず状に見えることもあります。
その主な原因は、硝子体の濁りによるものです。
硝子体は水晶体の後ろにあり、眼球で一番大きな体積を占めるものです。
この物質に何らかの原因で濁りができることにより、それが網膜に映り目の前に見えてしまいます。

飛蚊症と感じたら眼科にて検査を受けましょう

飛蚊症は、網膜剥離、硝子体出血、網膜の出血など様々な眼底疾患でも生じる症状ですので、急に起こった飛蚊症の場合は特に眼科での精査をおすすめします。

※眼底検査に際しては、瞳を点眼薬により大きく広げます。そのため、お車でのご来院はご遠慮ください。

診療カレンダー
ネットから待ち時間確認 PC、携帯で確認可能
院内インドアビュー
  • 白内障
  • 緑内障
  • ドライアイ
  • 眼精疲労
  • 結膜炎
  • ものもらい
  • 結膜弛緩症
  • 翼状片
  • 飛蚊症
  • 近視・遠視
  • 斜視・弱視
  • 老眼
  • 網膜剥離
  • 糖尿病網膜症
  • 加齢黄斑変性症
  • 網膜中心静脈分枝閉塞症
  • ぶどう膜炎
ページのトップへ