茂原市六ツ野の眼科「國松眼科」|白内障 緑内障

top

翼状片

翼状片(よくじょうへん)について

翼状片とは、強膜(白目)の表面を覆っている結膜組織が過剰に増殖し、角膜(黒目)に進入してくる病気のことです。主に50歳以降の中高齢者にみられます。

明確な原因は不明ですが、最近の研究では、長年にわたって紫外線や煤煙などにさらされていると、発症しやすくなると考えられています。また、手術で切除しても再発しやすいことがよく知られています。

翼状片の症状

翼状片自体は悪性の組織ではないと考えられています。
※翼状片に似た症状にて別疾患も考えられますので必ず眼科医による診断を受けるようにしましょう。

症状は、眼球表面(結膜)が三角形状に盛り上がるため、凸凹によるゴロゴロ感・異物感・充血などの自覚症状が現れます。また、結膜の部分が充血している状態が続きます。
この疾患は非常にゆっくりと進行することが多く、瞳孔領に至るまでは何年もかかることが多いとされています。翼状片が角膜に侵入すると角膜が牽引され、乱視、視力低下が生じます。また、瞳孔を完全に覆った場合、視力が失われることもあります。

翼状片の治療について

異物感などの自覚症状をとるために点眼薬を用いることはありますが、現在のところ進行を抑える薬はありません。進行すると視力障害を引きこすので、角膜への進行が顕著なものは手術で切除します。
ただし翼状片は単純に切除するだけでは再発しやすいため、切り取った結膜部分に自分の正常な結膜を縫い付けることで再発率を下げる必要があります。
再発率は、若年者(30~40歳代)では高く、高齢者では比較的低いとされています。

診療カレンダー
ネットから待ち時間確認 PC、携帯で確認可能
院内インドアビュー
  • 白内障
  • 緑内障
  • ドライアイ
  • 眼精疲労
  • 結膜炎
  • ものもらい
  • 結膜弛緩症
  • 翼状片
  • 飛蚊症
  • 近視・遠視
  • 斜視・弱視
  • 老眼
  • 網膜剥離
  • 糖尿病網膜症
  • 加齢黄斑変性症
  • 網膜中心静脈分枝閉塞症
  • ぶどう膜炎
ページのトップへ