茂原市六ツ野の眼科「國松眼科」|白内障 緑内障

top

ものもらい

ものもらいについて

ものもらいは、まぶたの縁や内側に黄色ブドウ球菌などの細菌が感染して起こるものです。地方によって呼び方が変わり「めばちこ」、「めばち」、「めぼ」、「めいぼ」、などがあります。医学的には、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と呼ばれています。
(瞼の炎症を区別なくものもらいと呼ぶこともあるようです。)
症状は瞼の腫れと痛みで、急激に瞼が腫れてくることもあります。

ものもらいの予防対策

ものもらいは、プールや海水浴のシーズンなどは、特に注意したい目の疾患のひとつです。
主に目に病原菌を入れないことが対策として最も重要です。

  • 前髪が目にかからないようにする
  • 目が痒くても擦らない。痒みがある場合は早めに眼科を受診しましょう。
  • 甘い物・高カロリーなものを控える
  • 目の周りの化粧をし過ぎない
  • コンタクトレンズを清潔に保つ
  • コンタクトレンズは清潔な手で付ける
  • 洗顔後、ベビーソープで目の縁を洗う
  • 温タオルを目の縁にあてる。

ものもらいの治療について

進行してしまった「ものもらい」は、切開して膿(うみ)を出す治療も行います。膿が出れば腫れが治まりますが、環境によっては再発することもありますので、清潔に保ちバランスのとれた食事を心がけることが大切です。

診療カレンダー
ネットから待ち時間確認 PC、携帯で確認可能
院内インドアビュー
  • 白内障
  • 緑内障
  • ドライアイ
  • 眼精疲労
  • 結膜炎
  • ものもらい
  • 結膜弛緩症
  • 翼状片
  • 飛蚊症
  • 近視・遠視
  • 斜視・弱視
  • 老眼
  • 網膜剥離
  • 糖尿病網膜症
  • 加齢黄斑変性症
  • 網膜中心静脈分枝閉塞症
  • ぶどう膜炎
ページのトップへ