茂原市六ツ野の眼科「國松眼科」|白内障 緑内障

top

緑内障

緑内障とは

緑内障は早期発見・治療が大切です。

眼圧・血液循環・遺伝など様々な要因が複雑に関与し、網膜の神経線維が徐々に減少していく疾患です。
症状としては見える範囲(視野)が狭くなったり、見えない場所が出来ていきます。
放っておくと失明に至ることもある怖い病気ですが、進行するまで自覚症状はほとんど無く、症状を自覚したときには、かなり進行した状態になっていることが多くあります。
また、一度障害された視神経繊維は回復することがないため、早期発見・早期治療が重要です。

日本人40歳以上の5%が緑内障または、緑内障予備軍と言われています。大切な目を守るためにも定期的に眼科検査を受けるように心がけましょう。

緑内障の症状例

初期

初期症状では異常に気づかないことが多い。

中期

中期になると、視野の欠損部分(暗点)が広がりますが、異常に気が付かないことが多い。

後期

後期は、見える部分が狭くなり、日常生活に支障をきたしてきます。
ここまで症状が進むと緑内障に気づく方も多くおられます。
後期を過ぎますと最後には、失明する恐れもあります。

緑内障の早期発見のために

 緑内障は進行するまで自覚症状が出にくい疾患です。
そのため発見された時には既にかなり進行していることが多く、現在日本で失明率が1位の病気です。
早期発見のためには、1年に一回は眼科健診を受けることをおすすめします。

当院では緑内障の早期発見のために、眼底の神経叢を解析する光干渉断層計(OCT)や、大学病院でも用いられている検査精度の高い視野計を導入しております。
人間ドックにて異常を指摘された方や、眼科健診をご希望の方はご相談下さい。

緑内障の治療法

点眼治療

緑内障が発見された場合、まずは目薬で眼圧(眼の硬さ)を下げる治療をします。
眼圧をより下げることにより、眼の中の神経の負担を軽減し、緑内障の進行を遅くします。
近年、点眼薬もたくさん開発されていて、以前に眼圧が下がりにくかった人でも、点眼治療にて効果が得られることも多くなりました。

緑内障手術

大きくレーザー治療と観血的手術に分けられます。
レーザー治療は、眼の中の水(房水)の流れをスムーズにする処置で、観血的手術に関しては、房水を眼外に流す側副路を作る手術です。
いずれも、視力や視野を回復させるものではなく、眼圧を下げるための処置になります。

  • レーザーを活用した手術となり、手術時間は30~60分となります。
  • 目薬の麻酔で表面麻酔を行い、痛みを感じることはほとんどありません。
  • 緑内障の手術は日帰りにて行うことが可能です。
  • 症状により白内障の手術等と一緒に行うことが可能です。
診療カレンダー
ネットから待ち時間確認 PC、携帯で確認可能
院内インドアビュー
  • 白内障
  • 緑内障
  • ドライアイ
  • 眼精疲労
  • 結膜炎
  • ものもらい
  • 結膜弛緩症
  • 翼状片
  • 飛蚊症
  • 近視・遠視
  • 斜視・弱視
  • 老眼
  • 網膜剥離
  • 糖尿病網膜症
  • 加齢黄斑変性症
  • 網膜中心静脈分枝閉塞症
  • ぶどう膜炎
ページのトップへ