茂原市 國松眼科‐網膜中心静脈分枝閉塞症

top

網膜中心静脈分枝閉塞症

網膜中心静脈閉塞症(もうまくちゅうしんじょうみゃくへいそくしょう)

網膜は、カメラでいうとフィルムにあたる部分(眼底にある光を感じる部分)です。
眼底にある網膜の静脈が、様々な原因で塞がってしまうことで血液循環が障害されて、網膜にうっ血が生じる病気です。これが網膜の一番太い静脈に起こるものを、網膜中心静脈閉塞症と呼び、そこから枝分かれした部分でおこるものを網膜中心静脈分枝閉鎖症と呼びます。

加齢に伴い起こりやすくなりますが、糖尿病、高血圧症、高脂血症、動脈硬化などの基礎疾患がある人は、若年であっても発症の確率が高くなります。

網膜中心静脈閉塞症の症状

閉塞症の発生する脈の位置により違い、中心静脈閉塞症の場合症状が強く表れます。

  • まったく自覚症状がない
  • 出血や浮腫が網膜の中心に及ぶ場合、視力が低下する。
  • 硝子体出血(黒い物がちらつく飛蚊症のような症状)が起こる

※出血量と閉塞部位により見え方や症状は異なります。

網膜中心静脈閉塞症の治療

まず、蛍光眼底造影検査を行い、どの範囲の血管がどの程度閉塞したのかを詳細に評価します。閉塞している範囲が広く、完全に血流が途絶えているような場合は、レーザー光凝固術を行います。
また、OCT(光干渉断層計)を用いて網膜を解析することで、むくみ(黄斑浮腫)の程度を評価します。
うっ血により黄斑浮腫が重篤で、視力低下を来している場合は、ステロイドや抗血管新生抑制薬などの注射を行い、むくみを軽減して視力回復を図ります。

むくみ(黄斑浮腫)が永く続くことにより、視機能の回復は非可逆的に阻害されてしまいますので、早期の精査と適切な加療が必要です。

診療カレンダー
ネットから待ち時間確認 PC、携帯で確認可能
院内インドアビュー
  • 白内障
  • 緑内障
  • ドライアイ
  • 眼精疲労
  • 結膜炎
  • ものもらい
  • 結膜弛緩症
  • 翼状片
  • 飛蚊症
  • 近視・遠視
  • 斜視・弱視
  • 老眼
  • 網膜剥離
  • 糖尿病網膜症
  • 加齢黄斑変性症
  • 網膜中心静脈分枝閉塞症
  • ぶどう膜炎
ページのトップへ