茂原市 國松眼科‐加齢黄斑変性症

top

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症とは

加齢黄斑変性症は加齢により網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、見ようとする部分が見えにくくなる病気です。
日本でも高齢化に伴い増加している疾患です。
加齢黄斑変性症は、加齢とともに誰にでも発症する可能性がある病気ですが、特に50歳以上の方は要注意です。(40歳代でも発症することがあります。)
発症リスクが高まる原因として、喫煙、肥満、紫外線などがあり、特に喫煙による影響が高く、発症予防や進行を遅らせるためには禁煙が非常に大切となります。

症状について

以下のような症状がある場合は、早めに当院にご相談ください。

  • ものが歪んで見える
  • 中心部が欠けて見える、暗く見える
  • 視力の低下

治療法について

特殊な薬剤を眼の奥に注射する方法(抗血管新生薬療法)、光線力学療法、レーザー光凝固術、サプリメントなどがあります。
黄斑部に出血が溜まって視力が低下している場合は、ガスを注入して血腫を移動させる手術を行うこともあります。 
黄斑部は視細胞が集中している大切な部位ですので、早期治療がとても大切になります。
真ん中が暗く見える・歪んで見えるなど、見え方の異常に気付いたら早めに眼科専門医を受診し、適切な治療を受けましょう。
当院では、眼底血管を詳細に描出できる造影検査機器や、網膜の状態を断層写真や3Dで見ることのできるOCTを導入しておりますので、眼底病変の早期発見が可能です。

診療カレンダー
ネットから待ち時間確認 PC、携帯で確認可能
院内インドアビュー
  • 白内障
  • 緑内障
  • ドライアイ
  • 眼精疲労
  • 結膜炎
  • ものもらい
  • 結膜弛緩症
  • 翼状片
  • 飛蚊症
  • 近視・遠視
  • 斜視・弱視
  • 老眼
  • 網膜剥離
  • 糖尿病網膜症
  • 加齢黄斑変性症
  • 網膜中心静脈分枝閉塞症
  • ぶどう膜炎
ページのトップへ