茂原市 國松眼科‐糖尿病網膜症

top

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症について

糖尿病網膜症は、糖尿病が原因で眼底(網膜)の血管が障害される病気です。
糖尿病はあらゆる眼の組織を障害しますが、特に網膜に異常が生じた場合は視機能に影響することが多く、日本での失明率2位の疾患です。

糖尿病を長い期間患っている場合や、血糖値のコントロールが不十分な場合、糖尿病網膜症が進行することが多く、一度網膜の神経が死んでしまうと再生することはなく、予後不良です。

症状としては、「黒いものがちらつく」「ものが歪んで見える」「視力の低下」などが挙げられますが、末期になるまで症状が出ない事も多く、症状が出てからでは手遅れの事が多い病気です。
糖尿病を治療されている方や、高血糖を指摘された方は症状が無かったとしても、必ず眼科で定期的な眼底検査を受けなければいけません。

糖尿病網膜症の治療法

糖尿病網膜症などの眼底疾患に対する
最新鋭レーザー機器を導入

糖尿病網膜症を進行させないためには、血糖値を適正に保つことは言うまでもありませんが、進行してしまった糖尿病網膜症に対しては、それだけでは不十分です。
蛍光眼底造影検査による網膜血管の詳細な状態把握と、病期に応じた治療が必須です。

当院では、蛍光眼底造影カメラやスキャンレーザーなど最新医療機器を導入しており、糖尿病網膜症の詳細な病期の把握が可能で、さらにパターンスキャンレーザーによる痛みの少ない低侵襲の眼底レーザー治療を行うことが出来ます。
糖尿病で治療されている方、高血糖を指摘された方は、一度当院にご相談下さい。

診療カレンダー
ネットから待ち時間確認 PC、携帯で確認可能
院内インドアビュー
  • 白内障
  • 緑内障
  • ドライアイ
  • 眼精疲労
  • 結膜炎
  • ものもらい
  • 結膜弛緩症
  • 翼状片
  • 飛蚊症
  • 近視・遠視
  • 斜視・弱視
  • 老眼
  • 網膜剥離
  • 糖尿病網膜症
  • 加齢黄斑変性症
  • 網膜中心静脈分枝閉塞症
  • ぶどう膜炎
ページのトップへ