國松眼科 茂原市‐網膜剥離

top

網膜剥離

網膜剥離(もうまくはくり)について

網膜剥離とは、カメラでいうとフィルムにあたる網膜(眼底にある光を感じる神経の膜)が剥がれてしまう病気です。痛みはありませんが網膜の働きが損なわれ、放置すると失明に至る怖い病気です。
近視の強い方や、外傷で眼をぶつけたりした後に起こることもあります。
20代と50代がなりやすいと言われています。

このような症状がございましたら一度眼科検診をお勧めいたします。
  • 目の前を黒いものがちらつくなど飛蚊症の症状がある
  • 目を閉じたときに視界の端が光って見える
  • 視野の一部が欠けて見える(視野欠損、視野狭窄)
  • 視力が低下しはっきり見えなくなった

網膜剥離の治療

網膜に裂け目や穴が開いただけで、大きく剥がれていなければレーザー治療で治す事が可能です。
しかし、網膜が既に広範囲に剥離してしまっている場合は、早急な手術が必要となります。
症状がある場合には、なるべく早く眼科専門医を受診して下さい。

診療カレンダー
ネットから待ち時間確認 PC、携帯で確認可能
院内インドアビュー
  • 白内障
  • 緑内障
  • ドライアイ
  • 眼精疲労
  • 結膜炎
  • ものもらい
  • 結膜弛緩症
  • 翼状片
  • 飛蚊症
  • 近視・遠視
  • 斜視・弱視
  • 老眼
  • 網膜剥離
  • 糖尿病網膜症
  • 加齢黄斑変性症
  • 網膜中心静脈分枝閉塞症
  • ぶどう膜炎
ページのトップへ