茂原市老眼 國松眼科

top

老眼

老眼(老視)について

老眼(老視)とは、ピント合わせるレンズの役割をする水晶体の弾力性が低下するなど、加齢に伴って調節力が弱まったために見えにくくなる状態です。
高齢になると誰でも発症するものですが個人差あり、40歳代から少しずつ 症状がでてくるようになり、年齢とともに(70歳までは)老眼は進行してしまいます。
また、老眼のために見えにくいところを一生懸命に見ようとすると、疲れ目(眼精疲労)、頭痛、肩こり、吐きけ、めまいなどを併発することがあります。
そうならないためにも、定期的に眼科検査を受け、自分に合った眼鏡を使用することが大切です。

眼科専門医による適切な眼鏡をご提案致します

老眼などの屈折異常は、コンタクトレンズや眼鏡で矯正しピントを合わせることでハッキリ見ることが出来るようになります。ですが、症状・環境の変化により、ピントが合わなくなり、無理に合わせようとすると目に負担がかかり、疲れやすくなります。
そのためにも普段から定期的に検査を行い、自分に合った眼鏡を使用することをおすすめします。当院ではその方に合った眼鏡のご相談を行っております。

診療カレンダー
ネットから待ち時間確認 PC、携帯で確認可能
院内インドアビュー
  • 白内障
  • 緑内障
  • ドライアイ
  • 眼精疲労
  • 結膜炎
  • ものもらい
  • 結膜弛緩症
  • 翼状片
  • 飛蚊症
  • 近視・遠視
  • 斜視・弱視
  • 老眼
  • 網膜剥離
  • 糖尿病網膜症
  • 加齢黄斑変性症
  • 網膜中心静脈分枝閉塞症
  • ぶどう膜炎
ページのトップへ