茂原市斜視・弱視 國松眼科

top

斜視・弱視

case1

斜視

斜視とは

斜視とは、左右の黒目がそれぞれ異なる方向を向いてしまう症状です。
子供の斜視の場合、主に片方の目に頼ることとなり、使わない側の目が低視力のまま育たなかったり、立体視が困難になることがあります。
特に立体視は、2歳までにおおよそ形成されるもので、それを過ぎた場合、立体的に物をとらえることができなくなります。
治療は、斜視の原因となる屈折異常の治療や、眼の周りの筋肉の位置を動かす手術を考慮します。

斜視の症状と種類
内斜視 黒目が内側に寄る症状
強度の遠視が隠れていることもあり、調節麻痺薬を用いた屈折検査が必要。
外斜視 黒目が外側に寄る症状
疲れているときや眠い時など特に症状が出やすい。
大きく外側にずれるようなら、手術を考慮することもある。
上下斜視 黒目が上下にずれる。
ものを見るときに首をかしげたり顎を上げるなど、頭位の異常を伴うことが多い。
斜視の原因
  • 目を動かす筋肉や神経に原因がある場合
  • 強い遠視に伴う内斜視など屈折異常が斜視を引き起こす場合
  • 片眼の視力が極めて低下した場合
  • 眼球周囲に眼球運動を阻害するような腫瘍等がある場合
  • 遺伝

など

case2

弱視とは

視機能が十分に発達せず低視力の状態のことを弱視と言います。
これは、視力が発達する小児期に、眼で見た情報がしっかりと脳に伝わらず、視路が育たないことで起こります。
屈折異常(遠視・乱視)や斜視、高度の眼瞼下垂など正常にものが捉えられない状態が原因となる事が多く、片目の弱視の場合は、視力が良い方の目で見えているため、周りも気付かないことが多くあります。

子供の眼の位置の異常や頭位の異常、片目をつぶって見るなどの症状があるようなら、早めに眼科専門医を受診させましょう。
子供の視機能は8歳を超えるとほとんど育たなくなってしまうため、3歳児健診や就学時健診にて眼の異常を指摘されたら、必ず精査が必要です。

診療カレンダー
ネットから待ち時間確認 PC、携帯で確認可能
院内インドアビュー
  • 白内障
  • 緑内障
  • ドライアイ
  • 眼精疲労
  • 結膜炎
  • ものもらい
  • 結膜弛緩症
  • 翼状片
  • 飛蚊症
  • 近視・遠視
  • 斜視・弱視
  • 老眼
  • 網膜剥離
  • 糖尿病網膜症
  • 加齢黄斑変性症
  • 網膜中心静脈分枝閉塞症
  • ぶどう膜炎
ページのトップへ