茂原市六ツ野の眼科「國松眼科」|白内障 緑内障

top

近視・遠視

近視と遠視

近視と遠視は大人でもよくある屈折異常のひとつです。
屈折状態は眼軸の長さとレンズである角膜・水晶体によって決定されます。眼軸の長さが長すぎたり(近視)短すぎたり(遠視)すると、ピントが合わなくなります。

近視について

近視は、近くのものがよく見え、遠くのものがぼやけて見えます。
これは、目に入ってきた光が網膜より手前で像を結び、物がぼやけて見えるためです。
近視になる原因としては、遺伝性のものと、勉強・読書・テレビ・ゲームといった近くを見る作業を長く続けて起こる環境面が関係すると考えられています。

遠視について

強い遠視は、遠くのものも、近くのものもぼやけて見えます。
これは、目に入ってきた光が網膜より後ろで像を結んでしまうために起こります。
生まれたばかりの赤ちゃんは、視力が弱くぼんやりと物をとらえていますが、成長とともに少しずつ視力が発達していきます。
しかし、生まれつき強い遠視がある場合、視力が発達せずに弱視や目が内側によってしまう内斜視の状態になる恐れもありますので注意が必要です。
健診で指摘された場合はもちろん、日常生活において目の位置や低視力など、お子様の目に関して気になることがあるようでしたら、一度眼科専門医の診察をお受け下さい。

診療カレンダー
ネットから待ち時間確認 PC、携帯で確認可能
院内インドアビュー
  • 白内障
  • 緑内障
  • ドライアイ
  • 眼精疲労
  • 結膜炎
  • ものもらい
  • 結膜弛緩症
  • 翼状片
  • 飛蚊症
  • 近視・遠視
  • 斜視・弱視
  • 老眼
  • 網膜剥離
  • 糖尿病網膜症
  • 加齢黄斑変性症
  • 網膜中心静脈分枝閉塞症
  • ぶどう膜炎
ページのトップへ