茂原市六ツ野の國松眼科

top

症状別治療ガイド

case1

充血

眼の充血は、様々な眼の疾患で起こり得る症状です。
病気でなくても疲れた時などに軽微な充血が現れることがありますが、眼の表面に細菌やウィルスなどの感染が起こると、痛み・めやに・瞼の腫れを伴った急激な充血が起こります。

また、感染症以外でもアレルギー性結膜炎でも充血が起こることがありますし、眼の壁の炎症(強膜炎)や急性緑内障発作など様々な眼科疾患で充血が生じます。

めやにや瞼の腫れも無く、長期間に渡り充血が持続する場合には、眼の中の炎症や眼球壁の炎症など重篤な状態のこともあり、視機能に影響する場合もありますので、早めに眼科専門医を受診して下さい。
炎症の部位や程度によっては、視力・眼圧・眼底検査なども必要です。
原因に応じた点眼薬等での治療が必要になります。

case2

めやに

"めやに"は、眼表面の分泌物であり、全く出ない人はいません。
加齢に伴って眼表面の結膜にしわが寄っていたり、涙の出口が狭くなると、めやにが溜まりやすくなります。
しかし、細菌感染などの感染が起こると、めやには急激に増加します。

また、涙の通り道が閉塞していても汚れが溜まってしまい、涙とめやにが増えることがありますし、瞼の炎症により排膿がある場合にもめやにが増えているように見える場合があります。炎症を伴うめやにには、抗生剤や抗炎症薬の点眼(時に内服)が必要になります。
しつこくめやにが続く場合は、一度眼科でご相談下さい。

case3

瞼の腫れ

重篤な結膜炎でも、強い炎症によって瞼が腫れることがありますが、急性霰粒腫や麦粒腫(ものもらい)など瞼の炎症によっても、痛みを伴って急激に瞼が腫れることがよくあります。
瞼には眼表面に脂を分泌するための脂腺があります。時にその脂腺に細菌感染が起こります。一般的には"ものもらい"や"めばちこ"など色々な呼ばれ方をされているようですが、医学的には麦粒腫と言います。

急性霰粒腫は、瞼の脂腺に肉下種と呼ばれる良性のしこりができ、さらにその周囲に細菌感染が起こることで痛みと瞼の腫れが出現します。

いずれも抗生剤や抗炎症薬の点眼・抗生剤の内服などが必要で、瞼に膿が多く溜まっていたり、腫瘤が大きいようであれば、外科的に治療することもあります。

case4

眼がゴロゴロする

眼にゴミや逆さまつ毛が入るとゴロゴロした異物感が出ます。
逆さまつ毛は、加齢に伴い起こりやすくなります。まつ毛が眼の表面に触れると瞳に傷が出来やすくなるうえ、細菌感染も起こりやすくなり二次的に結膜炎を起こしてくることが良くあります。瞼自体が内側に巻き込んでしまう場合には、外科的手術が必要です。
子供の場合、瞼の組織が未発達のために起こる場合が多く、瞳の傷が続くようなら瞼の手術を行います。

また、乾き眼(ドライアイ)があると慢性的な異物感が出ることがあります。
ドライアイが進行すると瞳の表面(角膜)に傷ができ、異物感が続きます。
さらに、眩しさや充血を伴うこともあり、点眼薬での治療や涙の出口を塞ぐ処置が必要になります。

case5

眼のかゆみ

痒みを伴う多くの場合、眼に何らかのアレルギー反応が起こっていることが考えられます。
花粉症の時期ですと、スギ花粉によるアレルギー性結膜炎が多く見られます。
その他の時期でも、ヒノキやイネ科の雑草、ブタクサなど一年中アレルギー性結膜炎を起こし得る植物が存在します。
さらに、ダニやハウスダストなどのアレルゲンもアレルギー反応を引き起こしますので、人によっては通年性のアレルギーがある方もいます。
血液検査のよりアレルゲンを調べることが出来ます。
いずれのアレルギー性結膜炎でも、抗アレルギー薬やステロイド薬の点眼など治療が必要です。

case6

眼の乾き

眼の乾き、しみる感じがある、充血、眩しさ、異物感、眼が疲れるなど、涙の状態が悪くなるとドライアイ(乾き眼)の様々な症状が現れます。
パソコンやスマートフォンを永く使用する人に増えています。
涙自体の量が少ないタイプのドライアイの他に、涙のバランスが崩れて起こるドライアイもあり、その原因によって治療法が異なります。
涙の質が悪くなり涙のバランスが崩れると、涙は出ているのに眼が潤わず乾くような状態になり、不快な症状が続きます。
眼精疲労の原因がドライアイのこともあり、注意が必要な病気です。

case7

まぶしい

眩しさの原因は様々ですが、加齢に伴って起こってくるものとしては、白内障が挙げられます。その他、ドライアイや眼精疲労、また、眼に炎症が起こっても眩しさを感じることがあり、原因は様々です。
いつも以上にまぶしさを感じるようであれば、眼の中の病気のこともありますので、眼科での精査が必要です。

case8

見えにくい

自分に合ったメガネをかけても視力が出ないようなら、眼の中の病気のことがあります。
加齢に伴い老眼が進めば、老眼鏡をかけないと近くが見えないというような事がよくあります。また、近視眼の人はメガネが無いと遠くは見えません。
しかし、眼の中に病気が出てくると、いくらメガネをかけても視力が上がりません。
特に急に起こった視力低下に関しては、緊急を要することもありますので、なるべく早く精査し、必要な治療を受ける必要があります。

case9

メガネを作りたい

メガネは、通常の視力検査に加えて、メガネ度数の細かな調整が必要になるため、時間がかかります。
特に子供のメガネの調整は、大人以上に時間がかかる事が多く、特に弱視治療用のメガネは詳しい検査の後の処方となっているため予約制を取っています。
当院では視能訓練士が常勤しており、正確な検査とメガネの調整を行うことが可能ですので、不安な事がございましたらお気軽に御相談ください。

case11

見えない場所がある

眼の中、特に網膜(眼底の神経の膜)や視神経に病気が起こると視野(見える範囲)に異常が出現します。

網膜はカメラに例えるとフィルムの役割を担っていて、そこがダメになると見える範囲に異常をきたし、見えない場所が出来たり、見える範囲が狭くなることがあります。
急激に起こってきたものは、緊急の治療が必要になることも多いです。
神経は一度損傷を受けると、急性期を過ぎても視力が回復しないこともあり、早期発見と早期治療が大切です。
眼底疾患で代表的なものとしては、網膜剥離などの網膜疾患、緑内障や視神経炎などの神経の疾患に加えて、加齢黄斑変性症などでも視野異常が起こります。

また、脳梗塞などの頭蓋内疾患でも視野に異常がでる事があり注意が必要です。
いずれにしても、自分で自覚できるほどの見えない場所がある場合は、病気が起こっている可能性が非常に高いですので、早期に眼科を受診して下さい。

case12

眼をぶつけた

眼球打撲の場合、ぶつかった衝撃の強さによって様々な眼内外の損傷が考えられます。
眼球に非常に強い衝撃が加わった場合、眼内に出血したり、眼の中のレンズ(水晶体)の脱臼、外傷性網膜剥離や網脈絡膜の循環障害が起こることもあり、眼球破裂に至る場合もあります。
外傷を受けた場合、早期の対応が必要になることが多く、すぐに見え方に変化が無くても、続発性緑内障や外傷性白内障などのように、後から障害が出ることもあり注意をしなければいけません。

子供の場合は特に、訴えがはっきりせず状況が分からないことも多いので、出来るだけ状況の分かる保護者との早期受診をおすすめします。

診療カレンダー
ネットから待ち時間確認 PC、携帯で確認可能
院内インドアビュー
  • 白内障
  • 緑内障
  • ドライアイ
  • 眼精疲労
  • 結膜炎
  • ものもらい
  • 結膜弛緩症
  • 翼状片
  • 飛蚊症
  • 近視・遠視
  • 斜視・弱視
  • 老眼
  • 網膜剥離
  • 糖尿病網膜症
  • 加齢黄斑変性症
  • 網膜中心静脈分枝閉塞症
  • ぶどう膜炎
ページのトップへ